‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

プチ断食の強い味方!?

2015/01/16

プチ断食を行う場合、2、3日間ほど固形物を食べることは出来ませんが、水・酵素ドリンク・野菜ジュースなどは飲むことが出来ます。

グリーンスムージーは腹持ちも良く、食物繊維やビタミン、アミノ酸、酵素などの栄養素を摂取出来るのがイイ!
朝食をグリーンスムージーに置き換える人も多いです。
ダイエットを目的に置き換えることもあるでしょう。
しかしそれ以外に便秘が解消される、お肌の調子がよくなる、むくみなど、身体に嬉しい事がいっぱいあるんですよ。
そして何より美味しく飲めるので続けやすいので、ダイエットじゃなくても毎日飲み続けたいものです。

グリーンスムージーは生の葉物野菜やフルーツを皮付きのまま丸ごと使って作るので、高い栄養価が期待出来ます。

忙しい朝にはピッタリですね。

f92a259f61792edeaaa0fa6f6232a6b0_s

それでも時間が無い方や面倒くさがりの方で、グリーンスムージーを飲めない場合。
粉末タイプも販売されています。
決まった分量を水や牛乳、豆乳、ヨーグルトと合わせてシェイクするだけで完成!
実は私もこの粉末タイプのグリーンスムージを飲んだことがあります。
本当にお手軽で簡単です。
色々なメーカーから発売されていますので、自分の好みの味などを見つけて試してみてはいかがでしょう。

調子が良くなるプチ断食

2014/12/06

痩せるためにプチ断食をする方も多いと思いますが、実は体の調子が良くなるという効果があることをご存じですか?
今どきの現代人は、肉や脂肪が多い食生活傾向にあるため栄養過多になりがちです。
そのため肥満によって起こる生活習慣病のリスクが高く、数多くの病気や不調の原因になりかねません。
プチ断食を行うと体重の減少、中性脂肪値改善などの効果が期待できます。

また、食べ過ぎで便秘になることもあるのです。
便秘でお悩みの方も多いのではないでしょうか?
便秘は腹痛、食欲不振、吐き気、肌荒れ、肩こり、めまい、イライラ、不眠、ポッコリお腹など様々な症状があります。
お腹の中を空っぽにすることで、空腹期強収縮が起こります。
空腹期強収縮とは、空腹時に胃や小腸が激しく収縮し、腸に溜まったカスや便の排出をさせてくれるのです。なので、プチ断食は便器解消にも良いと言えるでしょう。

そして、プチ断食によって内臓を休ませてあげることも重要です。
食事をして消化吸収する作業は、肝臓や腎臓、消化器系に大きなエネルギーを使っています。休ませてあげることで機能を回復できますし、体のためにも休息日を作ってみるも良いのではないでしょうか?

1週間短期集中プチ断食について

2014/01/14

1週間、脂肪燃焼スープと指定されたものを食べて体重を大幅に減らす、というダイエット法があります。

これは元々、手術を控えた糖尿病患者の体重を短期間で大幅に減らすために考えられた方法で、ルールに忠実に実行すれば1週間で5〜6キロも体重を落とすことが可能です。
脂肪燃焼スープとは、塩で味付けしただし汁にトマト、キャベツ、ピーマン、セロリ、大根などの野菜を入れ、煮込んだ野菜スープです。

この野菜スープは低カロリーなのもさることながら、野菜のもつ栄養素の働きで脂肪が燃焼するのを助けてくれる、つまり食べれば食べるほど脂肪が燃えて痩せやすい体になるということです。

ダイエット中でも、このスープは食べ放題なので、食事制限ダイエットにありがちな空腹感を感じにくいこともこのダイエット法の魅力の1つでしょう。
また、この野菜スープは塩だけのシンプルな味ですので、様々な味付けができます。

カレー粉、味噌、醤油、ポン酢、チリソースなどなど、飽きがこないように色んな味のバリエーションを楽しめます。

ただし、味付けの際にはカロリーが増えてしまう糖分や油脂を含んだものを使ってはいけません。

砂糖、みりん、ハチミツ、ラードなどは使えないので、その点だけは注意してください。

アンチエイジンク効果について

2014/01/10

現代は美容方面に関しても、肌にとって効果のある、品質の良いものが沢山出回っています。

近年アンチエイジンクと称して、年齢を重ねてしまい、年齢肌と呼ばれるようになってしまった人達や、今の若さをキープしておきたい人達の、心強い方法となっています。体全体や顔などは、特に人から見られ、相手に与える印象が違ってきます。

加齢になってしまった、肌の老化によるものなので、それを食い止めるための、方法が色々取られています。

肌にとって、必要である成分の摂取は勿論のこと、酵素などの、体を根本的に順調に動かしていくものに気を配り、酵素を減らさない生活と、食事内容を見直す必要もあります。

今は、食べ物が豊富にあることから、つい食べたいものを沢山食べてしまいがちですが、それによって必要な酵素が、沢山減ってしまうこととなります。

日常のストレスや、暴飲暴食などは、しないに越したことはありません。

特に、体への必要成分の入った食事内容で、腹八分などの分量を守り、全体的に、和食をメンイにしたものであれば、体は余分な活性酸素を出さずに済み、老化現象の進みを食い止める、一つの方法となります。

肌本来の、持っているメカニズムを遮る生活は、極力少ない方が良いのです。

脂肪燃焼のカギは『ケトン体』

2014/01/10

人は誰もが脂肪の分量の制御された細身の体型に憧れるものです。

しかしながら日々の仕事や家事などをやりくりする中ではついつい生活が不規則になったりストレスが溜まるなどして、運動不足になったり、食べ過ぎてしまったりで、余分な脂肪がついていってしまうものです。

これらをどうにかして解消しようと考えた時、ダイエットを成功させるにはケトン体の役割や動きなどをきちんと把握する必要があります。

まずもって身体にまとわりついた贅肉、つまり脂肪分を減らしていくためには、効率良く脂肪燃焼させることが欠かせません。

そもそも炭水化物系のものを口にした時に、膵臓ではそれらの糖分を元にインシュリンが分泌されて、それが身体のエネルギー源となります。

しかしあえて炭水化物系のものを口にしないまま食事を制限していくと、このインシュリンが減少し、これらの不足分を補うために脂肪分が自らを分解しつつケトン体をつくりだしはじめます。

人間の身体はこうしてインシュリンではなくケトン体を使用することによって変わらぬコンディションを維持するわけですが、この時に脂肪がうまい具合に燃焼を遂げて分解されていくのでダイエットを行う意味でも非常に重要なのです。

ただし、ケトン体は酸性なので、もしもこれが血液中に増え過ぎると血液が酸性になって身体に負担がかかってしまいます。

ですから、それなりに量を調整した上でダイエットに臨むことが求められます。

プチ断食中のおすすめメニューとは

2014/01/10

ファスティングダイエットは食事管理や運動などが苦手な方や様々なダイエットをしてリバウンドや挫折をしてきた方にはとてもオススメのダイエット方法です。

ファスティングダイエットは1日目は減食期、2日目はファステイング期、3日目は復食期に分かれます。

2日目は酵素ジュースを野菜ジュースや水などで割って飲みます。野菜ジュースは100%の物を選びます。

飲む回数や量は使うドリンクにより変わりますが、だいたい3.4回に分けます。1日目は徐々に食べる量を減らしていきます。

3日目は徐々に食べる量を増やして日常生活に戻して行きます。

この期間に食べるものは消化に良いおかゆやスープを選びます。この期間に脂肪燃焼などダイエットに効果的な物を食べることをおすすめします。

そこで脂肪燃焼スープを1つご紹介します。材料は玉ねぎ大3、人参1本、セロリ(大)1本、ピーマン1個、キャベツ1/2玉、トマト缶(400ml)1缶、コンソメ1個、水1〜2Lです

。野菜をたっぷりとることでファスティング前の体に栄養を与え、食物繊維も豊富なので整腸作用もあります。

野菜にはデトックス効果や抗酸化作用もあるので、きれいに痩せやすい体を作ることができます。

半日プチ断食について

2014/01/10

ダイエット目的というより、胃腸への負担を減らし体の調子を整えるという目的で行います。

普段どちらかというと過食気味で、肌トラブルや毎日便秘に悩まされている人に特におすすめです。
実際のやり方は以下の通りです。
1.前日の夕食はできれば19:00まで。遅くとも21:00までに済ませておきます。
2.当日の朝と昼に、野菜ジュースを食事のかわりに飲みます。ジュースはスーパーで手に入るものでOKです。

ジュースの量は食事1回分として500ccが目安です。ごくごく飲み干すというより、空腹を感じたときにゆっくり飲みます。
3.当日の夜はいつも通りの食事をとります。脂っこいものを避け、うどんや雑炊など消化の良いメニューを選びます。

当日は激しい運動をしないようにします。

体調が悪い時や、薬を飲んでる時は実施を避けます。

女性は生理が終わった週が一番効果が表れやすいです。

週末で予定がはいっていない日がリラックスしているので成功しやすいです。
さらに効果をあげるために、酵素ジュースや自分で生野菜からジュースを作ることをおすすめします。
毎日厳しい食事制限を続けるのは辛いけど、半日なら気軽に取り組めます。

月1度継続して行うと、美容と健康に目に見えて良い影響があります。

週末プチ断食について

2014/01/10

週末を利用したダイエット方法でオススメなのが酵素ドリンクを使ったファステイングダイエットです。

これは3日間を利用して行う方法です。まず1日目は減食期と言って食事の量を徐々に減らして行きます。

消化に良いスープやおかゆなどを食べます。

そして2日目はファステイング日です。

酵素ドリンクを3.4回に分けて飲みます。

この日は消化器を休ませるという役割もあるので、水と酵素ドリンク以外は口にしません。

この日は出かけたり、運動などせずにDVDや 読書などしてゆっくり過ごしてください。

3日目は復食日です。徐々に食べる量を増やしていきます。

はじめはおかゆから始めて行きます。

3日目は復食日ですが、肉類や脂っこいもの、アルコールは避けてください。

内臓に過度の負担がかかってしまいます。

このダイエットは無理な食事制限や運動をする必要もなく、体の負担も少ない方法です。

そのため、今までハードなダイエットをしてリバウンドや挫折を経験した方にはとてもオススメなダイエット方法です。

酵素ドリンクは種類の幅が広く、好みのドリンクで割って飲んでください。

100%ジュースや水などで割って飲んでください。

添加物などが入っていないものでとるようにしてください。

便秘解消効果について

2014/01/10

便秘解消のためには〇〇や☓☓を食べると良い、という情報がまず耳に入ってきます。

そこで、せっせとその食品を摂ってみたところ、便秘が治るどころか返ってひどくなってしまったという経験がある方は少なくないようです。

情報はウソだったの?と恨み節になりそうですが、実は便秘の原因によって対処法が違うのです。

食べることで便秘が治らない場合は、まず食べ過ぎを疑ってみてください。

食物が口から体内に入って栄養が消化・吸収され、不要だったり未消化だったりする廃棄物や毒素を体外に排出するまで15~18時間かかるといわれています。

つまり食事をすると、消化関連の臓器は15~18時間働きづめということになります。過食や暴飲・暴食で消化器官の能力を上回ってしまうと、消化・吸収で手一杯になり、排泄まで手が回らくなるなるためにおこる便秘があるのです。

こんなケースではなにかを食べることより、消化器官に休息を与えてあげることが第一です。

つまり、空腹状態をつくる必要があるということ。

空腹状態になると空腹期強収縮という胃腸の煽動運動が起こり、排泄機能が働くようになるのです。

食べることで煽動運動が起きることもまた事実ですが、それと同様に空腹時にしか起こらない空腹期強収縮があることも覚えておくことが大切です。

驚くべき効果とは

2014/01/10

デトックスという言葉を最近よく耳にするようになりましたがその詳細をご存知でしょうか。

そもそもの意味は「解毒」と訳され、体にたまってしまった有害物質を外に出そうという考え方です。

私たちは普通に生活していても、知らぬ間にさまざまな有害物質に触れてしまっています。たとえば排気ガスや食品添加物などが挙げられますが、日々の積み重ねによって体には色々な毒素がためられているのです。

それらは体に入ると有害なので、脂肪がこれらをくるむことで体を守ってくれています。そのため、脂肪はある意味で私たちを助けてくれているのですが、毒素を含むことによって、より落ちにくくなってしまうのです。

そこで、これらの毒素を体から外に出すことによって脂肪が燃えやすくなり、結果痩せやすくなります。

では、どうすれば毒素を体外に出せるのでしょうか。

特別なことをしなくても、普段から便や尿、汗などから毒素を少しずつ出してはいますが、新たに食事をするので排泄が追いついていかないというのが現状です。

そこで、一時的に食べることをやめたり、回数を減らす、量を減らすことによって、より多くの毒素を追い出すことができるというわけです。

吸収と排泄は拮抗関係にあるので、吸収をしているときは排泄ができません。

逆にいうと、吸収をさせないで内臓を排泄だけに専念させれば、普段よりも多くの毒素を排泄させることができます。

これによって、脂肪は燃えやすくなりますので、ダイエット効果は絶大です。

食べないことで単に摂取カロリーを抑えたというに留まらず、体の余分なものが外に出て行く爽快感を味わうことができるでしょう。

一度試してみてはいかがでしょうか。